指名理由2017(WC)

WC1 フラットレー
父  ハーツクライ
母  リッチダンサー
母父 Halling
厩舎 藤沢和雄 (美浦)
馬主 キャロット
生産 ノーザンF

ヘンリーバローズで競合負けたのは想定通りだが、ハズレ1位の予定だったグレートウォリアーが既に指名済ってことで、あまり指名するつもりの無かったこの馬に。言わずと知れた、ノーザンホースパークマラソン2017の男性優勝賞品です。このマラソン賞品は過去にディアデラマドレ、ハープスター、シャイニングレイ、シンハライト、エピカリスと活躍馬が勢ぞろい。
血統的には、ハーツクライと相性の良いSpecialを持ち(ワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルト、シュヴァルグラン)、母がNorthern Dancerクロスを持つ(ワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルト、ウインバリアシオン、リスグラシュー)点を高評価。兄弟の勝ち上がり率も良く、問題なし。
育成状況も順調に来ており、入厩済でもあることから、ハズレ1位なら是非欲しい一頭でしたので、迷わず指名に至りました。
ちなみに同マラソンの女性優勝賞品であるミ―ティアトレイルは先週デビューして4着と期待外れでしたが、血統的にだいぶ差があると思いますので、特に気にする必要はないと思います。

WC2 アドマイヤキング
父  キングカメハメハ
母  アドマイヤテンバ
母父 クロフネ
厩舎 友道康夫 (栗東)
馬主 近藤利一
生産 ノーザンF

一時は凋落したかと思われたアドマイヤ軍団ですが、今年はアドマイヤリードでヴィクトリアマイルを制し久々のGI制覇。クラシック戦線にもアドマイヤエイカン、アドマイヤミヤビを送り込み、完全復活を実感させる活躍をみせました。この勢いに乗らない手は無く、今年の2歳馬では地獄モードで指名したアドマイヤビクターとアドマイヤアルバも気になるところですが、素直に良血馬を選択しました。
祖母がアドマイヤグルーヴですからドゥラメンテとは3/4同血の関係。キンカメとエアグルーヴ牝系との相性の良さは言うまでもありません。半姉アドマイヤローザも初仔(しかもハービンジャー産駒)ながらエルフィンSで2着と能力を見せており、2番仔である本馬は牡馬に出たこともあって、より期待できると思います。
ちなみに私以外は兄弟馬の権利を使ってくると思ってましたので、2位指名は予定通りです。

WC3 ルナステラ
父  ディープインパクト
母  ピラミマ
母父 Unbridled’s Song
厩舎 石坂正 (栗東)
馬主 シルク
生産 ノーザンF

本当はここで母ソーメニーウェイズの予定でしたが、既に売り切れということで、牡馬だとシユーマ、アパパネあたりも欲しかったのですが、牝馬の中ではドラ1級の人気がありそうでしたので早めに手を付けてみました。
ディープインパクト×Unbridled’s Songなのでダノンプラチナと同じでダコール、ブランボヌールとも似た配合。ご存じダービー2着馬スワーヴリチャードの半妹で、母ピラミマは出走産駒5頭が全て2勝以上をあげている名繁殖。確実性もあり一発長打も狙えそうです。
今年のシルクは良い馬が多いと思います。キャロットが大成功を収めている状況から、良い馬を回し始めたような印象があります。

WC4 ソシアルクラブ
父  キングカメハメハ
母  ブエナビスタ
母父 スペシャルウィーク
厩舎 池添学 (栗東)
馬主 サンデーR
生産 ノーザンF

昨年のコロナシオンに続き、ブエナの仔を。思い入れだけで指名したようなものです。新馬勝ちを果たした姉よりもしっかりしている等のポジティブコメントがあり、期待しています。

WC5 フィニフティ
父  ディープインパクト
母  ココシュニック
母父 クロフネ
厩舎 藤原英昭 (栗東)
馬主 キャロット
生産 ノーザンF

ワイルドカードで取りたかった牡馬はほぼ残っていなかったので、牝馬の人気どころを潰す作戦。
ステファノスの全妹。ステファノスは古馬になってからの活躍が目立っていますが、POG期間でも皐月賞5着、白百合S勝ちと能力を見せていました。ディープ×クロフネは活躍馬多数で、母ココシュニックからは4頭中3頭が勝ち上がっており、これも確実性がありそうです。

カテゴリー: 2017-2018POG   パーマリンク

コメントは受け付けていません。